以下は古いバージョンの説明です。

 

jsWaffle を使うと、Androidプロジェクトのテンプレートを作成することができます。jsWaffleによりAndroidプロジェクトが生成されたなら、Eclipse (Aptana) からプロジェクトを取り込んでデモを実行できます。

(0)Android 開発環境の準備

jsWaffle を利用するには、Eclipse(あるいは、Aptana)と、Android SDKが必要です。

(1)jsWaffleでAndroidプロジェクトのひな型を作成

jsWaffleをスタートメニューから起動します。起動したら、必要な項目を記入して[Make Project]のボタンをクリックします。

http://d.aoikujira.com/jsWaffle/img/jsWaffle-capture.png

(2)Eclipse(Aptana)でjsWaffleのプロジェクトを取り込む

 Android SDKの設定が終わっているなら、以下のようにしてアプリを作成できます。

(2-1) Android Projectを作成する

メニューから[File > Project]をクリックして、[Android > Android Project]をクリック。

(2-2) プロジェクトダイアログで既存ソースから作成を選択

[New Android Project]のダイアログが出たら、Contents の囲みにある[Create project from existsing source]をチェックし、Location: に、jsWaffleで作成したプロジェクトのパスを指定します。

そして、[Next]を押すと、Android SDKの選択画面になるので、ここで、最小Androidのバージョン(例えば、Android 1.5)を選択して、最後に[Finish]ボタンをクリックします。

existing sourceから作成
existing sourceから作成

(2-3) デモを実行する

Eclipse(Aptana)の実行ボタンをクリックすれば、コンパイルがはじまり、Android アプリが実行されます。(これ以前に、Android SDKの設定や仮想マシンの作成といった手順を踏んでいる必要があります。)

(2-4) アセットにあるHTMLファイルを差し替える

Androidプロジェクトの、assets のフォルダを見ると、www というフォルダがあり、その中に、index.html があります。この、index.html を編集したり差し替えたりすることで、任意のHTML/JavaScriptアプリケーションを作成できます。www フォルダに画像ファイルなどをコピーしておくと、画像を表示することもできます。


(参考)jsWaffleの固有機能について

 Androidの固有機能を利用したい場合には、マニュアルを御覧ください。傾きセンサーや、着信音・バイブの利用、電話・カメラなど利用できます。

トラブルシューティング : エラーでコンパイルできない場合

もし、エラーが出てコンパイル出来ない場合は、プロジェクトのプロパティを表示して、コンパイラのバージョンを1.6に変更してみてください。

コンパイラのバージョンを変更
コンパイラのバージョンを変更