Android 開発環境のセットアップ

 以下の手順に沿って、Aptana(あるいは、Eclipse) と、Android SDK をインストールしてください。(Aptana Studio はHTML/JavaScriptの開発が効率よく行うことができる統合開発環境です。)

(1) Aptana Studioをインストール

まず、Aptana Studio をインストールします。

親切なインストーラーが用意されていますので、他のソフトと同様に、インストーラーをダブルクリックして実行して、指示に従って[Next]ボタンを数回クリックすることでインストールを完了させることができます。

Aptanaのインストールが完了したら、Android ADTプラグインをインストールします。

  • この詳しい手順は、以下のページをご覧ください。

Aptana3とADTのセットアップが完了したら、以下の(2)~(4)の手順は不要です。

(2) Android SDK をインストール

下記のAndroid SDKのサイトから、OSごとに用意されたツールを入手します。インストーラを実行すると、SDKやエミュレータをインストールすることができます。

※ここでは便宜的に、Android SDKを、Windowsで「C:\android-sdk-windows」に配置することを想定します。

(3) ADTプラグインをインストール

Aptana(あるいはEclipse)に、ADTプラグインをインストールします。プラグインとして追加するため、Aptana(あるいはEclipse)から操作を行います。

  • 1.Aptanaを起動
  • 2.メインメニューから[Help > Install New Software...]をクリック
  • 3.右上の[Add]のボタンをクリック

Add Siteのダイアログが表示されたら、そこにAndroidプラグインのインストール用サイトを記入します。以下の値を記入してください。

Name Android Plugin
Location https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
※ここで、もし、エラーが出るようなら、https ではなく、http とします。
あるいは、次のリンク先も参考にしてください。
(ADT インストールできない)→ http://goo.gl/FI1vy
(eclipseにADTがインストール出来ない。・・・・やっと解決できた!) http://nex.xrea.jp/?s=570
  • 4.ライセンスなどに同意しながら次々と[Next]ボタンをクリック
  • 5.Aptana(あるいはEclipse)を再起動

(4) AptanaにAndroid SDKのパスを教える

次に、Aptana(あるいはEclipse)でAndroid SDKのパスを設定する必要があります。これは、Android SDKとADTプラグインを結びつける作業です。

  • 1.Aptana(あるいはEclipse)のメニューで[Window > Preferences...]をクリック
  • 2.Androidというパネルを選択
  • 3.SDK Locationに、手順(2)でインストールしたパスを設定する
http://aoikujira.com/wiki/js-android-w/ftpup/20101027100720-12-sdk-location.png

(5) Android エミュレータを作成

実機が手元にある場合でも、Androidエミュレータがあると便利です。

(5-1) AVD Manager を起動する

ADTプラグインを導入済みのAptanaを起動して、メニューから[Android SDK and AVD Manager]をクリックします。(あるいは、Android SDKに含まれる「SDK Manager.exe」を起動します。)

(5-2) Virtual Devicesをクリック

そして、画面の左側から[Virtual Devices]をクリックします。

(5-3) [New] ボタンをクリック

画面の右上にある[New...]ボタンをクリックします。

(5-4) 仮想デバイスの設定を記入

以下を参考に仮想デバイスの設定を記入します。

パラメータ パラメータの意味 記入例
NameAVDの名前Test1.6
TargetAndroidのバージョンAndroid 1.6 - API Level 4
SD CardSDカードのサイズを指定Size: 512 [MiB]
Skin画面のサイズBuilt-in: Default(WVGA800)
Hardware搭載するハードウェア
http://aoikujira.com/wiki/js-android-w/ftpup/20110205162253-virtual-dev.png

(5-6)仮想デバイスを起動してみる

AVD Managerで[Test1.6]を選択したなら、右側の[Start...]ボタンをクリックします。すると、Androidのエミュレータが起動します。

エミュレータが起動したところ
エミュレータが起動したところ

(6)jsWaffleのインストール

jsWaffleはこのサイトの「ダウンロード」からインストールできます。ブラウザからインストールできるので非常に簡単です。