jsWaffleを使って、Androidプロジェクトのひな型を作ると、以下のようなフォルダ構成になっています。ここでは、その役割を簡単に紹介します。

jsWaffle
jsWaffle

プロジェクトのルートディレクトリは次のような意味を持っています。これは、Javaで作ったAndroidプロジェクトの一般的な構成となっています。

フォルダ名 説明
.setting Aptana/Eclipseの設定ファイルのあるフォルダ
assets HTMLや画像ファイルなどアセット(素材)を入れるフォルダ
bin コンパイラが実行ファイルなどを出力するフォルダ
gen リソース番号など自動的に生成されるファイルが保存されるフォルダ
res アイコンなどのリソースファイルを入れるフォルダ
src Javaのソースファイル(jsWaffle本体)が入っているフォルダ

この中で、jsWaffleを使う場合に用いるのは、assets フォルダのみです。assetsフォルダの中にあるwwwフォルダに、HTMLファイルや画像ファイルを配置しておくと、それを参照したプログラムを作ることができます。

そして、プログラムが完成したなら、jsWaffleのアイコンを変更したくなるでしょう。その場合には、res フォルダの中のアイコンを書き換えます。

また、jsWaffleの構造はとてもシンプルなものなので、Javaの分かる方なら、src フォルダの中のJavaファイルに手を加えて、独自機能をJavaで拡張することも難しくありません。

assetsフォルダの内容

また、assetsフォルダを開くと、www フォルダがあり、その中に、jsWaffleのデモアプリを兼ねたひな型が配置されています。それは次のような構成になっています。

assetsフォルダをツリー表示したところ
assetsフォルダをツリー表示したところ
ファイル(フォルダ) 内容
resフォルダ デモで使うCSSや画像・音声などの素材を入れてあるフォルダ
testフォルダ デモで使うテスト用のHTMLファイルを入れてあるフォルダ
index.html メインプログラム
jsWaffle.js jsWaffleの機能を使うためのJavaScriptライブラリ
jsWaffle.sdoc jsWaffle.js のマニュアル(ScriptDoc形式)

ここで主に重要となのは、index.htmlです。このファイルにメインプログラムを記述します。
そして、HTML/JavaScriptからAndroidの機能を使うのに必要となるのが、jsWaffle.js です。このJavaScriptファイルは、jsWaffleの機能が全て定義されています。